審査が甘い~消費者金融の時効

破産・整理と消費者金融でトラブルの経験があっても審査の甘いなら即日融資も可能。諦める必要のない審査が甘い融資を提供

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

消費者金融小口融資のエイワを考える 

キャッシング 小口融資のエイワは気軽に利用できるので人気があるのでしょう。

ここでは簡単な説明から、マニアックな説明までを準にご紹介していきたいと思います。
消費者金融 エイワのことで心配や不安が多い人はじっくりと納得できるまでリサーチしてからでも遅くありません。

私の勝手な見解なので間違ってる部分もあるかもしれませんのでご了承ください。



まずは私が知る限りのエイワの特徴です

そもそもエイワに申し込む人がリスキーな人が多いことに起因します

多重債務者や自己破産などの債務整理者が融資を求めエイワへと駆け込むからです

そうした人に計画性があるかといわれれば疑問です。

一部の人は自分ではどうすることも出来ない環境の力でブラックになった人もいたでしょう。
でも大半は見通しの甘さによるものです。私が言うのもなんですが・・・

小口だからと文句は言わず、貸してくれるところがあるだけ感謝しましょう。

次にエイワさんから借り入れをする要点です。



エイワにはいくつかのポイントがありますが、ここでは対面与信について紹介します。

エイワの申込者は借りれ件数の多い多重債務者か、自己破産や特定調停、任意整理経験者などのブラックと呼ばれる人たちが多くいます。

このような貸し出しリスクの大きな客に対するリスク低減措置が対面与信です。

実際にあわないインターネットや電話での申し込みとリアルの店舗での申込みでは、返済に対する思いが大きく変わってきます。

そこをエイワは狙っているわけです。

対面与信だからめんどくさいなどと思わず、返済を考えてくれているから有難いとの思いで店舗訪問をすれば審査を通過しやすいでしょう。



もしエイワさんでも審査が通らなかった方は自己破産者でも融資可能な機関



審査甘い消費者金融



消費者金融審査甘いブラック可



金融ブラックリスト融資NAVI



人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
スポンサーサイト

category: 消費者金融

TB: 0    CM: 0   

消費者金融ブラック ブラックへの融資ok 

消費者金融ブラックとは一体なんなのでしょうか?

ブラックについては説明のあるサイトが腐るほどあるのでご存知だとは思いますが。

消費者金融ブラックを改めて知りたい方がいらっしゃるかと思い簡潔にご説明させて貰っています。


消費者金融ブラックとは、しっかり返済できなかった何かしらの問題が「事故」として記録に残る事を言います。

過去に「3ヶ月に渡る延滞」「法的手続き(自己破産、過払い請求等、債務整理等)」を中心に

長期延滞等も含みます。


その他にも消費者金融ブラックには短期間に申し込みをして審査漏れしているものも記録に残り。

「短期間で断られている」と言う、俗に言う「申し込みブラック」にもなります。

あくまでも俗称ですので、事実上「申し込みブラック」と言う名目ではありませんが^^;


消費者金融ブラックやブラックリストも消費者側が一歩的にそう名称しているもので、

実際は個人信用情報機関と言う情報を登録する機関に情報が全て記録され、

それらを金融機関が情報を開示しあい、問題(事故)のある人確認する様な仕組みになっているのです。

ですので、業者側としては「事故」を参照する。

消費者側からすると、その「事故」は消費者金融ブラックと受け取る事になるのです。


本来お金とは借りる前に、返す、返せる目処を立てて借りるものです。

ですが、人間何が起きるか分かりません。予定は狂い、急に返せなくなる時だってあるでしょう。

そんな時の言い訳は金融機関には一切通用しません。(例え先方が悪い交通事故で入院しても、それが病気だったとしてもです。)


返せそうな額を借りたとします。

仮に金額が40万だとします。40万と言うと簡単に返せそうな額に聞こえますが。

実際そう簡単に返せるものではない事は、実際返済している方なら身に染みてお分かりだと思います。

自分もたった20万で返済するのに相当面倒な思いをしました。


消費者金融ブラックになるのを避ける為には融資を受ける際は延滞すらしないように目処を立て返済して行き、不慮の事故にも気をつけて下さいね^^!

ちなみに余談ですが、消費者金融ブラックは消せません。情報は7~10年近く保存され、その後一般的には情報は消されると言われていますが、実際消すのは業者なので、確実とは言えません。

特に自己破産、債務整理は情報が抹消される判断が厳しいと思います。


消費者金融ブラックへの融資をお求めの方はブラックへの融資okを参照下さい。


審査甘いキャッシング賞審査甘い金融番付審査甘いキャッシング比較情報消費者金融相談の森キャッシング審査甘い即日融資キャッシング審査甘い会社消費者金融審査甘い教習所

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

category: ブラック

TB: 0    CM: 0   

消費者金融比較サイトを比較しちゃってます! 

消費者金融比較サイトを比較しちゃってます!


闇ヤミ金と言うサイトから面白いページを発見したので、日記にネタとして書きますね。


消費者金融を検索すると、消費者金融の業者のサイトよりも群を抜いて見つかるのが

消費者金融を比較したサイトです。


しかもその数も半端ではありません。

自分も融資を受けたくて探していましたが、比較サイトは何となく為になるなと思いました。


ですが、正直な意見、あれだけの数の消費者金融比較サイトを探し出すのは億劫と言うか・・・

そんな時にこちらのページを見つけたのです。↓

消費者金融比較サイトを比較!


とっても便利。


内容は消費者金融比較サイト・・・を比較しているサイトです(笑)

ややこしいですが、大雑把な作りの比較サイトが多い中、良質の比較サイトを抜擢して掲載しているようなので

(自分の判断ですが^^)なかなか便利だなと思い、必要に応じてこのサイトを見て行こうかなと思っています。


本当は自分一人で隠れて参考にしたいのですが(笑)

良いものは公表して、自分のブログも足を運んでくれる方が増えたらばいいなと思いました。

融資先を探すときは是非ご活用下さい。


審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

category: 消費者金融

TB: 0    CM: 0   

闇金キャッシングのBBS 

闇金キャッシングと言うサイトを見つけました。



そこの闇金キャッシングBBSを見ていて気になる掲示板がいくつかありました^^



掲示板の種類なのですが、現段階でこんなに!↓
正直書き込みが気になるものが数点あります^^
皆さんの書き込み早く増えないかな~・・と思いつつブログに載せてみちゃいました。



融資情報とか非常に気になります。



●自己破産して一年 そろそろ融資が欲しい
●アエル情報です
●任意整理中です><
●グッドサーチについて…
●レイクの審査時間
●消費者金融の審査
●助けてください 本当にこまってます
●アイアイユニバーサルキャッシング
●ネットバンク
●ポケット信販について教えてください
●短期の闇金利用かんがえてます。
●ヤエス信販
●ファイブワンキャッシュ
●国内保証援助会の集団訴訟について
●青森ライフリカバリー支援センター



後々自分も書き込みしてみようなんて考えています。



自己破産等、債務整理をされた方が四苦八苦せず融資が可能なのか?
任意整理中の方が何を書き込むのか?
かと思えば故障援助会とか。
とても面白そうです^^


審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

category: 金融関連法律

TB: 0    CM: 0   

ブラックリスト調査 

個人信用情報というのをご存じでしょうか?

今時の生活の中で、高額商品を買う機会というのは、必ず1度や2度訪れますが、必ずやそこでローンを組むと思います。そこで、そのローンを通す為に”審査”、あるいは新たにクレジットカードを作るために、”審査”を通過しなくてはないません。

ここでよく言われていることですが、「ブラックリスト」。しかし結論から言うと、そういったリストは存在しません。

確かに各金融機関は、その返済能力については確固たるデーターを基準にしなければならず、返済能力を調べもせずに貸し出したともなれば、後々問題にはなりますが、個人情報に対し、任意の評価は基本的に出来ません。情報開示はしているものの、そこからどのようにくみ取るか、評価するのは金融機関の仕事ということになります。

信用情報を元に金融機関があらかじめそういった、「要注意人物」であるとか「延滞社リスト」を作成している可能性がありますが、開示要求には絶対に応え得ませんし、またそのリストに対しこちらから存在を確かめられるわけではありません。私達が知り得るのは金融機関によく思われていない可能性があるかも知れないという程度。

しかもこれはあるとしても、その金融機関においてのあくまで独自のリストであるはずで、完全な非公開、それも共有なども不可。これによって社会的信用に影響があるような事実はありません。

噂だけが一人歩きした典型かも知れませんね。

この信用情報というのは、日本においては、自己申告による情報だけでは正確な審査が出来ないため、各金融機関の情報を共有する必要があります。どのような内容がそこに記載されているかといえば、主に借金に関する記載といっても過言ではないでしょう。

過去にクレジットカードやショッピングローン、キャッシングカードの申込をした際に申告した属性情報と、クレジットの利用履歴、支払い状況の記録などの記載がなされ、
記録はクレジットカードの発行、利用、返済、完済、事故発生(延滞発生)など、最新の取引日から約5年間記録されるそうです。但し、過去にクレジットカードやショッピングローン、キャッシングを利用したことの無い人は何も記録されておらず 「該当ナシ」 という照会結果が出ます。

どんな情報を審査の参考にしているのかというと、個人信用情報から申込み者が現在持っているクレジットカードの枚数やそれぞれの限度額、利用中のクレジットカードやローンの残高、支払い状況など現在進行形の情報から過去5年間のクレジット履歴までが把握できるようになっているわけで、勤務先や住所、電話番号などの属性情報とクレジットカードの申込み内容に不一致があった場合は裏付け確認が強化される仕組みになっています。クレジットカード会社などは、ミニパソコンのような専用端末機でクレジットカード申込み者の氏名と生年月日を入力することでオンライン照会でき、即座に返答がくる仕組みになっています。

主に重視するのは、「遅れずに支払いを行っているか」、「返済能力を超えていないか」、「短期間に多くの借入申込をしてないか」、「過去に延滞事故を起こしてないか」 ということであり、それをどう判断するかは金融機関の判断となります。適正な審査を行うための客観的な判断材料に過ぎません。そういった役割を果たすため中立的な機関として個人信用情報機関が存在し、クレジットカード・銀行・消費者金融などの業態ごとに分かれているわけです。

この機関は日本では4機関の存在があります。それぞれクレジットカード会社・銀行・消費者金融などの業態によって加盟する機関はちがいます。以前リンクを張ったCIC(シーアイシー)はクレジット会社のほとんどが加盟しています。信用情報機関の中で最も保有しているデータ量が多いのが特長で、大手クレジット会社の共同出資で設立された個人信用情報機関として有名です。

その他、

消費者金融業者が加入する
全国信用情報連合会(JIC)http://www.fcbj.jp/

銀行・信用金庫・信用組合・農協などの金融機関が加入する
全国銀行個人信用情報センター(KSC) http://www.zenginkyo.or.jp/personal_credit/index.html

外資系クレジット会社などを含めたCICと同じクレジット会社加盟機関
株式会社CCDhttp://www.ccbinc.co.jp/index.html

事故情報などの登録期間、つまり登録情報が失効するまでの期間はそれぞれ、

CICで、延滞継続中/延滞解消後は5年/自己破産7年。
全国信用情報センター連合会は、延滞継続中/延滞解消後は1年/自己破産10年。
全国銀行個人信用情報センターで、事故発生日から5年/延滞解消後は5年/自己破産10年。
CCBでは、事故発生日から5年/延滞解消後は5年/自己破産7年。

となっています。事故以外の延滞記録情報は、延滞が解消されればその情報は消えるという意味のようですね。

CIC、KSC、KSCに関しては相互に事故情報(延滞情報)だけを利用できるようになっている”CRIN”というシステムを利用しています。つまりどこか1つでも個人信用情報機関に延滞や事故情報が登録されていると、どのクレジットカード会社に申込みをしても信用情報照会の際に判明するということで、この事がまるでブラックリストが存在しているかのような噂の根源です。

CICでみると、実は個人でも照会してもらえるので、実際にその手順をご紹介しましょう。

CICは全国の主要都市に相談コーナーを設けており、ここに運転免許証と印鑑を持って直接行くとその場で情報を確認することができます。
CIC開示ご相談コーナー一覧http://www.cic.co.jp/rkaisya/ks05_jigyousyo.html

申し込みに必要な信用情報開示申込書を
CIC信用情報開示申込書の請求方法 http://www.cic.co.jp/rkaiji/ki01_kaiji_001.html
上記からダウンロード、プリントアウトしてA4サイズの申込書で氏名・性別・住所・電話番号・生年月日・勤務先・連絡先(携帯)を記入して、過去にクレジットを利用した際に住んでいた住所を書く。あとは身分証明証のコピーと900円の定額小為替を買って申込書といっしょに郵送。

郵送からだいたい2日後にCICの職員から確認の電話が入ります。それから数日して封筒で 自宅に届くようになります。中には「信用情報開示報告書」と書かれた紙が数枚入って、 1枚目にはCICの業務についての説明、2枚目以降に自分の情報について書かれています。内容は「氏名」、「生年月日」、「電話番号」、「郵便番号」、「住所」、「クレジット契約日」、「クレジットの種類」、「ショッピング利用額」、「キャッシング利用額」、「残債額」、「クレジット会社名」、「入金状況」で、入金情報は、その月に正常に入金(実際には銀行引落し)があったことを示す印の”$”マークで記載されているようです。その上部の”0”となっているのがもっとも新しい入金情報で、以降数字が増えるほど古い情報になっているみたいですね。このほかマークに「A」=入金がなかったもの、「B」=お客様以外の理由で入金のなかったものと言う具合に9種類のマークの説明が書かれています。入金状況は、1~2ヶ月前の情報が登録されるので、少し前の登録状況を見ることになります。クレジットカード会社からの登録申請を元に情報を登録しているので、登録する情報は各クレジット会社に任せています。だから会社によっては全ての情報を公開しているわけではありません。

その他、完済情報(過去に利用して支払いが終わったショッピングクレジットの支払い履歴)、申し込み情報(6ヶ月以内のクレジットカード申込履歴)、他機関情報(CRINによって交換される全情連(JIC)と全銀協(KSC)の事故情報 )が記載されています。過去に数ヶ月の延滞を起こした経験があって不安な思いをしているのなら自分の目で個人信用情報を確認する事が出来ます。

この中で事故情報というのが、お金の延滞を繰り返す人、債務整理を行った人が登録されていることを、俗称で”ブラックリスト”とあくまで勝手に呼称しているようですね。

こういった情報機関には、前述したようにそのようなリストは存在してませんし、登録期間、つまりある一定の時期を過ぎると抹消される仕組みになっています。返済遅延情報とは独立して存在しているわけではありません。ここがネットなどでもみていると、あたかもあるかのような「確証のない」情報が氾濫して、一人歩きしているということでしょう。 返済延滞情報を銀行側で集めるといっても、「融資」の際参考にすればいいことで、わざわざそのようなリストを作っておくのは効率が悪く、存在しているとも思えません。すぐに調べられるネットワークがあるんですから、そもそもそのようなリスト自体意味がありません。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

category: ブラック

TB: 0    CM: 0   

個人情報保護法 

個人情報保護法は、情報化時代の今、民間企業や行政機関に個人情報の適正な取り扱いを義務付け、2005年4月1日に全面施行された法律です。

ポイント!として
個人情報の有用性に考慮しながら個人の権利や、利益を保護することを目的としています。
この法律は、民間の事業者の個人情報の取り扱いに関して共通する必要最小限のルールを定めています。
この法律の仕組みは、事業者が、事業等の分野の実情に応じ、自立的に取り組むことを重視しています。

これにより金融機関などが、顧客にダイレクトメールなどを送りたい場合は、事前の許可が必要になります。それを怠った場合、プライバシーの侵害となるわけです。

いかがでしょうか? 法律には、私たちが知らないものも数多くありますが、ちょっとした法律だけでも知っておくと、後々役に立ちます。もし、あなたが今現在、自己破産などで悩んでいるのなら、一人で考え込まずに、一度、身近な弁護士に相談して、法律の専門家の見地からアドバイスを受けるのも良いのでしょう。

良い弁護士を選べば、きっと親身に相談に乗ってくれるはずです。(悪い弁護士も実在します。悪い弁護士とは、ろくに相談にものらず相談料金だけ徴収する弁護士です。そういった弁護士には気をつけましょう。)

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加

category: お金etc

TB: 0    CM: 0   

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。