審査が甘い~消費者金融の時効

破産・整理と消費者金融でトラブルの経験があっても審査の甘いなら即日融資も可能。諦める必要のない審査が甘い融資を提供

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

利息を制限するとどうなる? 

一見それほど悪い話でもないように見える。「法外に高い金利をふっかけて借り手を追い込むサラ金業者の行動は規制されてしかるべき」という意見は当然ありうるだろう。しかし、実のところ話はそう簡単でもない。以下はbewaad氏やnight in tunisia氏の主張を筆者なりに適当にまとめたものになるのだが、利息に厳格な上限を設けると色々な弊害が生まれる。

まず、「借りたくても借りられない」人が増える。そもそも、貸出金利というのは「リスクフリーレート+リスクプレミアム」で成立する。リスクフリーレートというのは、「絶対に倒産はありえない」貸出先に対して要求する金利のことだ。日本政府というのはこの点まず倒産はしないと思われているので、リスクフリーレート=国債利回りになる。一方で、消費者金融の借り手は政府と違って破産したり夜逃げしたりする恐れがあるので、その分金利を高く設定しなければならない。例えば、破産する確率が20%の人がいたら、金利も20%ポイント高く設定しなければならない(20%の確率で破産する人が5人いると、そのうち一人は破産して借金を踏み倒されてしまう。しかし、この5人から金利として20%ずつ受け取っておけば、20%×5=100%となって、踏み倒された借金を穴埋めできるのである)。更に、破産されたり夜逃げされたりすると、それを追いかける取立人の人件費もかかるので、そのコストも金利に上乗せしておかないと割に合わない。これらの「金利の上乗せ分」がリスクプレミアムである。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
スポンサーサイト

category: 借金

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://skullluks.blog118.fc2.com/tb.php/11-0aad3971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。